So-net無料ブログ作成
 
 

痰が出る原因は?(黄色い・黄緑・白い・透明の)咳と痰が絡む病気を紹介! [風邪・感染症・食中毒・熱中症]

痰が出る原因は?(黄色い・黄緑・白い・透明の)咳と痰が絡む病気を紹介!


風邪を引くと、喉の痛みや咳、痰(たん)が絡むといった症状が起こります。
急に黄色の痰が出てビックリすることもあるかもしれません。

黄色や黄緑色のドロッとした痰は
細菌感染が原因で起こります。

今回の記事では
(黄色・黄緑・白・透明・赤)などの痰の色と
その原因となる病気について紹介します。



Sponsored Links







白い・透明な痰が出る原因となる病気

痰の色や性質は
原因となっている病気によって異なります。

透明のサラッとした痰は、
風邪をひいた時にでるか
細菌感染のない気管支炎にかかった時にでます。

同じように透明の痰でも
ドロッとした粘り気のある痰は
ゼイゼイといった息苦しさを伴う
気管支喘息が疑われます。


●風邪

風邪の主な症状は、鼻水・くしゃみ・咳など生じます。
咽頭炎を起こすと喉の痛みや声がかれるなどの症状も伴います。
また、ウイルスが血液に入り込んでしまった場合は
だるさ、関節痛、頭痛、下痢などを引き起こします。



痰が出る-原因-黄色い-黄緑-白い-透明の-咳-痰が絡む-病気-女性画像.jpg



●インフルエンザ

インフルエンザの症状は、白い・透明な痰が出るほかに
高熱、咳、頭痛、関節痛などが現われます。
悪化すると肺炎、膿胸、肺膿瘍などの
合併症を引き起こす場合もあります。


●気管支喘息

気管支喘息の症状は
喉がゼイゼイと鳴る喘鳴や呼吸困難、咳、痰が出るなど
様々な症状を引き起こします。
咳は痰を伴わない乾咳が出る場合もあります。

痰は透明のものか白いもので
泡だった痰が出るのが特徴です。
少し黄色っぽいものが出る場合もあります。



Sponsored Links







黄緑・黄色い痰が出る原因となる病気

黄色い痰が出る場合は
細菌感染を起こしている可能性があります。
細菌に感染すると、痰に白血球と細胞などが
多く含まれているため黄色く見るのです。
また、ドロッとした痰も細菌感染が疑われます。

このような痰が出る場合は
肺炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、細気管支炎などの
病気が原因になっている可能性があります。


●肺炎

肺炎は、細菌感染により
肺胞腔内に炎症を引き起こす病気です。

肺炎の症状は、黄色いドロッとした痰が出るほかに
高熱、咳、寒気、だるさ、呼吸困難などが起こります。


●慢性気管支炎

慢性気管支炎の最も特徴的な症状は
痰の絡む湿った咳が長期間続くことです。

その痰は、気管支の炎症が軽いうちは
透明ですが、細菌に感染すると
膿の溜まった黄色・黄緑色の痰が出ます。



痰が出る-原因-黄色い-黄緑-白い-透明の-咳-痰が絡む-病気-男性画像.jpg



●気管支拡張症

気管支拡張症は、気管支の壁が壊れてしまうことで拡張して
痰が溜まって感染症を起こす病気です。

気管支拡張症の症状は、咳と膿が溜まった痰が出る。
感染症なので痰は黄色い痰が出ることがほとんどですが
症状が酷くなると、炎症が悪化し
血のまざった赤い痰が出る場合もあります。
また、多量の血を吐くこともあります。

さらに重症になると、痰が気管支に溜まることで感染して
肺炎になることもあります。


●細気管支炎

細気管支炎は、慢性副鼻腔炎の患者に多くあらわれ
中高年に多く発症します。

細気管支炎の症状は、黄色い・黄緑色の痰が出るほかに
咳、息切れ、呼吸時に音がなる喘鳴などが起こります。
症状が悪化すると、肺機能低下や心不全、足のむくみなどが起こります。



赤い痰(血痰)が出る原因となる病気

血の混ざった痰が出る原因として
最も可能性が高い病気は気管支拡張症ですが
その他にも、肺炎、肺結核、肺ガン、肺水腫などが疑われます。
肺水腫の場合は、ピンク色の泡状の痰が出ることがあります。

血痰が出た場合は、重い病気が疑われるので
早めに病院で診てもらうようにしましょう。

また、(黄緑、黄色い、白い、透明)の痰も
体調が気になる場合は
医師の診察を受けることをお勧めします。


痰が出る原因は?(黄色い・黄緑・白い・透明の)咳と痰が絡む病気を紹介!



Sponsored Links







関連記事はこちらです。
主治医が見つかる診療所 肺炎 気管支喘息





共通テーマ:健康
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...