So-net無料ブログ作成
 
 

青あざを早く治す治し方!なぜ女性は知らない間に青あざになるのか?治らない青あざには病気が原因の場合も!? [皮膚の病気・スキンケア・アレルギー]

青あざを早く治す治し方!なぜ女性は知らない間に青あざになるのか?治らない青あざには病気が原因の場合も!?


気が付くと知らない間に青あざが出来ている・・・こんな経験はありませんか?

実は、人によって青あざになりやすい体質と、青あざになりにく体質があります。

また、できてしまった青あざを、さらに濃くしてしまうNG行動もあります。

今回の記事は、青あざができる原因や、できてしまった青あざを早く治す治し方を紹介します。



Sponsored Links







青あざができる仕組み

青あざは、メラニン色素や内出血が、皮膚・皮下で増えた状態のことを言います。

メラニン色素のある部分が、皮膚から深い部分(真皮)にあると青あざになり、それよりやや浅い部分にあると黒いあざ、さらに浅いところにあると茶色のあざになります。

打撲した患部周辺の組織が破壊して、内出血が起こり青あざができます。

このような原因でできたものは放置しても自然に消失します。

それでも青あざをできるだけ早く治すには、メラニン色素をつらす治し方が大切です。



Sponsored Links







青あざが出来やすい人の特徴・原因

女性に多くみられる症状で、特にぶつけた覚えもないのに、気が付くと青あざができているという状態があります。

人によって、青あざが出来やすい体質と、出来になくい体質があり、自覚症状もなく、気が付くと青あざが出来る人には、体質や生活習慣に原因が潜んでいます。


●血管がもろい「瘀血タイプ」

瘀血タイプとは、全身の血の巡りが悪く、体内でドロドロとした血の塊(瘀血)が出来てしまう体質のことです。

瘀血タイプの人は、青あざが出来やすかったり、なかなか治らない症状の他にも、慢性的な肩こりや頭痛、肌のくすみなど症状が現れます。

瘀血の症状を改善するためには、血液の循環を良くすることが大切です。

また、運動不足や睡眠不足、ストレスを溜め込むなど、ライフスタイルは血行不良になりがちです。

青あざを早く治すには、これらの要因を改善する必要があります。



青あざ 早く治す 治し方 女性 知らない間に青あざ 治らない 病気 原因 紫外線画像.jpg



●紫外線の悪影響

なかなか治らないアザは、紫外線の悪影響を受けている場合があります。

特に茶色のあざは、紫外線を浴びることで、濃くなる性質があると言われています。

日差しの強い季節には、紫外線対策を行う必要があります。

特に顔や首などにできたアザは、紫外線の悪影響を受けやすいので注意が必要です。


●ビタミン不足

ビタミンKは、出血した時に血液を凝固させて止める作用があります。

青あざができやすいのもビタミンK不足の場合があります。

でも、ビタミンKは、あまり聞きなれない栄養素ですよね。

ビタミンKが多く含まれる食べ物は次のとおりです。(食品100g当たりのビタミンKの含有量 単位:μg)

パセリ・・・850
シソ・・・690
モロヘイヤ・・・640
納豆・・・600
アシタバ・・・500


重度なビタミンC不足も壊血病と呼ばれ、青あざができやすくなります。

ビタミンCが多く含まれる食べ物は次のとおりです。(食品100g当たりのビタミンCの含有量 単位:μg)

赤ピーマン・・・170
黄ピーマン・・・150
アセロラジュース・・・120
パセリ・・・120
レモン・・・100


「血行不良」「紫外線対策」「ビタミン不足」これらのキーワードは女性に深く関係したものです。

青あざを予防する・早く治す場合は、まずは体質改善から始める必要があるとも言えます。



青あざになりやすい病気

白血病や血友病になると、血が止まりにくくなり青あざが広がりやすくなります。

青あざの他に、鼻血がでやすくなったり、歯茎から出血しやすくなったり、女性では月経がとまらないなどの症状が現れます。

また、再生不良性貧血でも青あざが出来やすくなります。

注射した後に出血がなかなか止まらないということもあります。



青あざ 早く治す 治し方 女性 知らない間に青あざ 治らない 病気 原因 画像.jpg



青あざをできるだけ早く治す!治し方

打撲によって一時的に青あざが発症した場合の治し方は、まず打撲直後は患部を冷やして、炎症を抑えることが大切です。

氷を入れたビニール袋をタオルで包んだものや冷湿布などを使って、患部を冷やすと良いでしょう。

しかし、青あざは知らない間に出来ているということもよくあります。

打撲してから時間の経った青あざの治し方は、皮膚のリンパ組織の流れを良くする温熱療法が効果的です。

できるだけ青あざを早く治す方法は、暖かいタオルを患部に当てて、血流を促進させてる治し方です。

使用する温タオルは、熱過ぎては皮膚に負担がかかるので、体温に近い36度~37度前後のぬるま湯に浸したタオルを使うようにしましょう。

タオルの温度が下がったら暖かいものと交換して、何度も繰り返し行うと効果的です。


青あざを早く治す治し方!なぜ女性は知らない間に青あざになるのか?治らない青あざには病気が原因の場合も!?



Sponsored Links







おすすめの記事



ささくれ・さかむけの原因は?(指が痛い・爪・足の裏)乾燥肌や間違ったセルフネイルケアに注意!

目の紫外線対策!目から入った紫外線でもメラニン生成で肌が黒くなる!?

舌が白い原因は?(病気・痛い・風邪・できもの・多い)なかなか取れない舌苔の取り方を紹介!

舌が痛い原因は?(ヒリヒリ・側面・付け根・白い・赤い・できもの)舌が痛い時に病院は何科を受診?

頭が重い!(だるい・めまい・眠い・吐き気・頭痛)朝、寝起きに頭が重い!首こりが原因で起こる頚性神経筋症候群とは?





共通テーマ:健康
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...