So-net無料ブログ作成
 
 

大麦効果がスゴイ!麦ごはん(押し麦)の栄養成分の効能とは? [食事]

大麦効果がスゴイ!麦ごはん(押し麦)の栄養成分の効能とは?


大麦を中心にした食生活にすると
悪玉コレステロールの抑制や
便秘解消、血糖値の減少など
様々な健康効果が期待できると注目されています。
今回の記事では
大麦に含まれる栄養成分の効能について紹介します。



Sponsored Links







大麦とは

大麦とは、米や小麦と同じイネ科の穀物です。
実は、最近、この大麦が
健康食材として巷でじわじわと知られるようになっています。
大麦は、健康志向の女性を中心に健康効果があると活用されていて
スーパーの食用品売り場でも
大麦商品が並ぶようになりました。

スーパーでも麦ごはんが販売されているところがありますが
商品によっては「押し麦」と書かれている物もあります。
大麦のことを押し麦と書かれている物は
大麦の出荷工程によってこのように書かれます。

大麦の収穫時期は5月下旬から6月上旬です。
収穫された大麦は加工工場に運ばれ
殻をとるために磨き、90℃の蒸気で蒸し上げて
その後、大麦をローラーにかけて厚さ1㎜まで押しつぶします。
大麦を押しつぶすことで吸収性がアップして
ふっくらと炊けるようになるのです。



Sponsored Links







血管の病「動脈硬化」

脳梗塞や心筋梗塞をまねく動脈硬化の原因の1つに
悪玉コレステロールの増加による悪影響が考えられます。
人間の血管の内側は、年を重ねるごとに傷つきやすくなります。
その傷ついた部分から悪玉コレステロールが侵入し
プラークと呼ばれる脂の塊を形成します。
このため徐々に血管の壁が厚くなり
いつ破れてもおかしくない状態になってしまうのです。
この状態が血管の病である動脈硬化です。

悪玉コレステロールが増える主な要因は
暴飲暴食など乱れた食生活や運動不足などです。
日本人の50歳以上の約3割が
悪玉コレステロール過多などの
脂質異常症の疑いがあると言われています。
年間約31万人が動脈硬化などが原因で
脳疾患や心臓疾患で命を落としているという報告があります。



大麦で悪玉コレステロール値が減少!?

大麦には、血液中の悪玉コレステロール値を
下げる効果があることが分かっています。
海外では、多くの研究成果が発表されていて
アメリカやヨーロッパの各国などで
医学的にも健康効果があると認められています。

たとえば、アメリカの30代~50代のコレステロール値が高い方を
大麦を中心とした食生活に変えたところ
5週間で悪玉コレステロール値が13.8~17.4%減少したという
研究結果があります。
病院食では、白米に大麦を混ぜて炊いた
麦ごはんという食べ方もあります。
米7割大麦3割の割合で炊きあげます。

大麦に含まれる栄養素の大麦βグルカンという水溶性食物繊維には
コレステロールを材料とする胆汁酸を
体外に排出してくれる効能があります。

大麦βグルカンは、腸に入ると水に溶けてゲル状に変化し
腸の中にある胆汁酸という化合物を包み込み
便と一緒に体外に排出してくれる働きがあります。

すると、足りなくなった胆汁酸を補おうと
肝臓は血液中からコレステロールを集め
新しい胆汁酸を作り始めます。
その結果、血液中の悪玉コレステロールが減少し
動脈硬化の予防に繋がります。



大麦-効果-麦ごはん-押し麦-栄養-効能-画像.jpg



大麦で血糖値を抑える効果がある!?

食事の後は誰でも一時的に血糖値が上昇します。
健康な人が白米を食べた後はどんどん血糖値が上がり
食後45分をピークに血糖値が下がっていきます。
そして2時間後には食前と同じくらいの血糖値に戻ります。
炭水化物の摂り過ぎや肥満傾向にある人は
食後の血糖値が長時間上がったままになり
動脈硬化のリスクが高まります。

それに比べて、大麦を3割混ぜた麦ごはんを
食べた時の血糖値の変化は
ピーク時の血糖値が約半分ほどの上昇ですみ
血糖値の変動が緩やかになります。

大麦βグルカンが一緒に食べた糖質と
胃や腸で混ざり合って消化吸収を緩やかにします。
そのため、食後に血糖値が急上昇するのを
抑えている効能が期待できます。



高血圧を予防する効果

白米をたくさん食べると、インスリンの分泌量が増加します。
血液中にインスリンが多いと
ナトリウムの働きや腎臓の機能に影響して
血管に水分が溜まって血圧が上昇しやすくなります。

大麦を混ぜた麦ごはんだと白米だけに比べて
インスリンの分泌量が抑えられるため
高血圧の予防に繋がります。



大麦-効果-麦ごはん-押し麦-栄養-効能-手ですくう画像.jpg



便秘を解消する効果

大麦には、豊富に食物繊維が含まれているので
腸内の善玉菌のエネルギー源となり
腸内環境が整います。

また、ゲル状になった食物繊維は
便通をスムーズにしてくれるので
便秘解消に役立ちます。



大麦の1日の摂取量

動脈硬化の予防効果が期待できる
大麦の1日の摂取量はどのくらいなのか?

大麦に含まれる栄養素の大麦βグルカンを1日3g摂取することで
悪玉コレステロール値が低下するという研究結果があります。

これを実際に麦ごはんで摂取しようと思うと
大麦が3割の麦ごはんを約4杯食べないといけないことになり
けっこうな量になってしまう・・・

大麦は、ごはんに混ぜるだけでなく
茹でた大麦を他の料理に混ぜても美味しくいただけます。
たとえば、ハンバーグに混ぜたり
スープに混ぜたり、ミートソースに混ぜりと
アレンジレシピを工夫すると良いでしょう。


血液中の悪玉コレステロール値や中性脂肪値が気になる方には
こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS



大麦効果がスゴイ!麦ごはん(押し麦)の栄養成分の効能とは?



Sponsored Links







関連記事はこちらです。
↓ ↓ ↓

春菊の栄養がスゴイ!女性に嬉しい効能・効果を紹介!

オクラの栄養と効果は?納豆や山芋に含まれる「ムチン(ネバネバ成分)」の効能とは?

寝る前のプロテインは太る?プロテインの効果的な飲み方とは?

納豆の効果は朝と夜どっち良い?髪の毛・血圧・コレステロール・血糖値など効能を紹介!

ザクロ酢の作り方!効果・効能・飲み方などを紹介!ダイエット効果が期待できる飲むタイミングとは?





共通テーマ:健康
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...