So-net無料ブログ作成
 
 

ウォーキング効果は朝と夜で違う?ダイエットだけじゃない!歩く健康効果とは? [ダイエット]

ウォーキング効果は朝と夜で違う?ダイエットだけじゃない!歩く健康効果とは?


美容や健康のためにウォーキングは効果的だと言われていますが、朝と夜で効果の違いはあるのだろうか?

または、ダイエットの他にも、歩くことで得られる美容・健康効果はあるのだろうか?

今回の記事では、ウォーキングの様々な効果について紹介します。



Sponsored Links







ウォーキング効果は朝と夜で違う?

朝日を浴びてウォーキングをすると、体内時計がリセットされて、正常な体のリズムを保つことができます。

これによって内臓などの体内の機能が正常化するため、朝のウォーキングはダイエットに効果的と言われています。

朝食前のウォーキングは、昨日の夕食から時間が経っているので、空腹の状態での運動は、脂肪を燃焼することでエネルギーを得ようと体が働きます。

ウォーキングの後に筋肉の元になるタンパク質を摂取すると、痩せやすい体作りに効果的です。

また、運動前には水分補給をするようにしましょう。

夜の夕食前のウォーキングもほどよい空腹の状態で、ダイエットにとって良いタイミングと言えます。

この時間帯は、昼間に活発に動いた体がまだ温まっている時でもあるので、このタイミングでウォーキングを行うと脂肪が燃焼しやすい。

夜のウォーキングは、一日の疲れをリフレッシュする意味でも役立ちます。

夜の夕食の後にウォーキングを行うケースもあります。

このタイミングで行う場合は、食後すぐにウォーキングをしないように注意しましょう。

食べてすぐは、食べた物を消化するために、胃や腸が活発に働いている時間なので安静してください。

また、夜に寝る直前に運動をすると寝つきが悪くなります。

夕食後の運動は、食後2時間後から就寝2時間前の間に行うと良いでしょう。

朝のウォーキングは、太陽の光を浴びることで体のリズムが整い、健康維持に良いと考えられます。

しかし、朝早く起きる習慣をつけないといけません。

人によっては継続することが困難な場合もあるでしょう。

それに比べると、夜のウォーキングは、継続しやすいのでダイエット効果も期待できると言えます。

一番やりやすく気楽にできる時間帯は夕食の後ですが、夜にウォーキングを行う場合は、夕食の前の方がダイエットには効果的です。



ウォーキング-効果-朝-夜-ダイエット-歩く-健康-画像.jpg



ウォーキングは体重が重い人ほど、ダイエット効果が高い!

ウォーキングを行うことで消費するカロリーの目安は、15分間の早歩きで約「体重(キロ)×1.1」が消費カロリーです。

つまり、体重が重い人ほどダイエットに効果的であると言えます。

例として体重40kgの人は約44kカロリーを消費します。

それに比べて体重70kgの人は約77カロリーを消費します。

このような目安となる計算方法がある一方で、ウォーキングのような有酸素運動で、脂肪燃焼効果があらわれるのは、運動を開始してから約20分後だということもよく言われます。

では、なぜ有酸素運動は20分以上と言われるのか?

これは、19分の運動では、脂肪が燃焼しないというわけではありません。

脂肪は特に運動をしなくても、基礎代謝によってエネルギーとして使われています。

ただし、脂肪が燃焼しやすくなるには、有酸素運動をしてからしばらく時間がかかるので、約20分後から脂肪の燃焼効率が高まるといういうことです。

ですから、まずは20分歩くことを目標し、30分、40分と少しずつ増やして歩くと良いでしょう。



Sponsored Links







ウォーキングは記憶力を高める効果がある

人間の脳は海馬という部分で記憶を固定し、記憶のデータがいっぱいになると、大脳皮質に記憶を転送し保存します。

この記憶転送機能は、海馬にある神経細胞が新しく生まれ変わる、神経新生が活発など記憶力を高めることができます。

この神経新生は、加齢とともに働きが低下しますが、ウォーキングなどの軽い運動で、活発化することが分かっています。

つまり、歩く習慣をつけることで、脳を健康に保つ効果が期待できると言えます。



ウォーキングは動脈硬化を予防する効果がある

ウォーキングのような有酸素運動を行うことで、血液中の悪玉コレステロールを抑える効果が期待できます。

運動することで、血液中の善玉コレステロールが増加して、悪玉コレステロールを回収します。

その結果、悪玉コレステロールを抑制することができます。

悪玉コレステロールが増えると動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる重大な病気の原因になります。

ウォーキングをすることで病気の予防につなります。

目安としては1日30分以上、1週間に900キロカロリー以上の運動すると良いとされています。

 
血液中の中性脂肪値や悪玉コレステロール値が気になる方には、こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS




ウォーキング-効果-朝-夜-ダイエット-歩く-健康-足画像.jpg



ウォーキングはうつ病を予防する効果がある

ウォーキングを5分以上続けると、脳内物質であるセロトニンが分泌されます。

セロトニンは幸せホルモンとも言われ、幸福感を感じた時にセロトニンは分泌されます。

しかしセロトニンの分泌が不足すると、うつ病や不眠症などの原因になります。

そのためウォーキングを行うことで、うつ病を予防する効果が期待できます。

また、太陽の光を浴びることでもセロトニンは分泌されるので、夜より朝のウォーキングの方が、より効果的と言えます。

 
不眠や憂鬱対策に!セロトニン分泌を促すサプリメントはこちらです。
メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ



ウォーキング効果は朝と夜で違う?ダイエットだけじゃない!歩く健康効果とは?



Sponsored Links







おすすめの記事



痩せる食べ物は血液型で違う?(A型・O型・B型・AB型)血液型ダイエット方法を紹介!

ファスティングの方法や効果は?プチ断食は酵素系回復食がおすすめ!

サウナの効果とは?痩せるサウナの入り方を紹介!

下腹ポッコリの原因は?(病気・女性・骨盤・便秘)ポッコリお腹の原因は体脂肪だけじゃない!

瞑想マインドフルネスの効果とは?やり方は簡単で寝ながらでもOK!





共通テーマ:美容
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...