So-net無料ブログ作成
 
 

老化予防の運動と食べ物!細胞の老化を防ぐ方法とは? [皮膚の病気・スキンケア・アレルギー]

老化予防の運動と食べ物!細胞の老化を防ぐ方法とは?


年齢を重ねると誰にでも起こるのが老化です。

しかし、老化の進行は個人差があり、実年齢よりも若く見える人や、若いのに見た目が老けて見る人もいます。

誰でも、できることなら、いつまでも若さを保ちたい。

老化予防には運動と食べ物が重要です。

実は、美容と健康のためにウォーキングを始めても、だた歩いているだけでは老化予防になりにくい。

今回の記事では、全身の細胞の老化を防ぐ歩き方や栄養素について紹介します。



Sponsored Links







そもそも、なぜ老化するのか?

老化現象は、細胞の中の遺伝子が、年を重ねるごとに少しずつ壊れていくことで起こります。

細胞が壊れる原因は、いろいろなことが考えられますが、一番大きな原因は「活性酸素」です。

活性酸素は、空気中の酸素と電子が結び付いたものです。

活性酸素は、実は一種類だけではなく何種類もあります。

最初の段階は、ちょっとした刺激程度で体に必要な部分もありますが、それがどんどん電子を取り込んでいくと体にとって悪影響を及ぼします。

遺伝子は1日に5万カ所から20万カ所壊れています。

ですから、少しずつ壊れないようにするというよりも、大幅に治す力を強くしていくことも大切です。



老化予防-運動-食べ物-細胞の老化を防ぐ-方法-女性画像.jpg



老化予防は細胞内のミトコンドリアがカギ!

人間の細胞は、遺伝情報であるDNAの大部分を含む核を中心に、様々な物質によって構成されています。

その1つがミトコンドリアです。

人間の細胞は60兆個ほどあると言われています。

そして1つの細胞にミトコンドリアは1000個ぐらい存在します。

私たちは、食べた物が体に吸収され、酸素を吸収して、その2つのものからミトコンドリアの中で電気エネルギーを作ります。

その電気エネルギーが放電してしまって、酸素と結びついたものが活性酸素です。

ですから、エネルギーを作る時には、どうしても活性酸素ができてしまいます。

電気エネルギーの放電は、ミトコンドリアの働きが弱まっている時に起こりやすい。

つまり、活性酸素の発生は、ミトコンドリアの数が少なかったり、働きが弱まっていることが原因で起こります。

細胞の老化を防ぐためには、ミトコンドリアの数を増やしていくことが重要です。



Sponsored Links







ミトコンドリアを増やす方法

ミトコンドリアの数を増やす方法の一つは、適度な運動をすることです。

運動は体内のエネルギーをたくさん使います。

そうするとエネルギーが足りないと体が感じて、ミトコンドリアが活発化します。

二つ目は、空腹感を感じた時に、体がカロリーが足りないと感じて、ミトコンドリアが活発化します。

「適度な運動」「適度な空腹感」この2つによってミトコンドリアを増やすことが期待できます。

昔は、ミトコンドリアが増えると、活性酸素も増えるのではないか?と考えられていましたが、近年の研究によって、老化の原因になる活性酸素ができるのは、ミトコンドリアに無理がかかって放電するためと分かりました。

ですからミトコンドリアに無理をさせなければ、活性酸素はできないと考えられています。

ミトコンドリアの数が増えれることで、ひとつひとつのミトコンドリアの負担が少なくなります。

その結果、同じエネルギーを作っても、活性酸素ができにくくなるというわけです。



ミトコンドリアを増やす歩き方

ミトコンドリアを増やして老化防止に役立てるためには、適度な運動が必要です。

誰でも始めやすい運動習慣としてウォーキングが挙げられます。

しかし、ただ歩くだけでは、ミトコンドリアは増えてくれない。

ミトコンドリアを増やすためには歩き方にポイントがあるのです。

それは「早歩き」をすることです。

自分のペースでゆっくり3分歩いてから早歩きを3分、これを交互に繰り返します。

健康のためのウォーキングの目安は1日1万歩と言われていて、時間にすると約1時間15分ほどの運動になります。

ミトコンドリアは体内のエネルギーが足りないと感じた時に増加します。

早歩きをすると瞬間的にエネルギーが足りないという状態が起こります。

この状態を察知するとミトコンドリアが分裂して増え始ます。

その結果、エネルギーをたくさん作るようになります。



老化予防-運動-食べ物-細胞の老化を防ぐ-方法-男性画像.jpg



細胞の老化は姿勢で分かる!?

実は、姿勢が良い人はミトコンドリアが多いと言われています。

その理由は、姿勢を維持する筋肉には、ミトコンドリアが多く存在しているからです。

つまり、姿勢が悪い人は細胞の老化が進んでいると考えられます。

正しい姿勢は、見た目も若く見えますが、細胞から若さを保っていると言えます。



ミトコンドリアの働きを助ける食べ物

細胞の老化を防ぐことで、全身の老化予防するためには、ミトコンドリアの働きを強くすることが重要です。

ミトコンドリアの働きをサポートする栄養素は主に3つ、次の栄養素を多く含む食べ物を食べることで
老化予防に役立ちます。

●鉄(レバーなど)
●タウリン(イカ、タコなど)
●ビタミンB群(うなぎなど)


タウリンはミトコンドリアを増やすためには必要な栄養素です。

タウリンが足りないとミトコンドリアは増えてくれない。

鉄やビタミンB群はミトコンドリアが、ATP(筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質)を作るために必要な栄養素です。

つまり、ミトコンドリアがしっかり働くために必要なものです。

 
ミトコンドリアの増加と活性化を助けるサプリメントはこちらです。
ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン



老化予防の運動と食べ物!細胞の老化を防ぐ方法とは?



Sponsored Links







おすすめの記事



爪が割れる原因は?(縦・横・貧血・加齢・病気)手足の爪割れやへこみが起こる症状とは?

白髪の原因は?30代・20代・10代と若いのに同じ場所に白髪が生えるのはストレス!?

膝・肘の黒ずみの原因と解消法!皮膚科で黒ずみケアは可能か?

青あざを早く治す治し方!なぜ女性は知らない間に青あざになるのか?治らない青あざには病気が原因の場合も!?

ささくれ・さかむけの原因は?(指が痛い・爪・足の裏)乾燥肌や間違ったセルフネイルケアに注意!





共通テーマ:美容
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...