So-net無料ブログ作成
 
 

便秘で腹痛が左下腹部に!出ないが続くと吐き気や頭痛の原因に!? [腸内改善・便秘・下痢・腹痛]

便秘で腹痛が左下腹部に!出ないが続くと吐き気や頭痛の原因に!?


先日、夜にベッドで仰向けに寝ていた時に、左下腹部にボコボコと2個しこりがあることに気付きました。

その夜は、重大な病気ではないかと心配になって、ぐっすり眠れませんでした。

気になって何度も触っていたこともあって少し腹痛もありました。



Sponsored Links







朝になって、冷静に考えてみたら、もしかしてこのボコボコとしたしこりは、大腸に溜まった便ではないだろうか?

と思いトイレで便を排泄してから、もう一度、ベッドに仰向けに寝て左下腹部を触ってみると、すっきりとしこりがなくなっていました。

まるで笑い話のような内容ですが、本人にしてみれば大病ではないかと本当に心配で、便を排泄してもしこりがある場合は、総合病院で検査を受けようと思っていました。

なぜ、便を体内のしこりと勘違いしたのか?

それは、最近、ダイエットをしてお腹周りの脂肪が落ちことで、今まで便秘でも分からなかった腹部の凹凸が手で触って分かるようになったからなのです。

そんなこともあって、今回の記事では、便秘が起こる原因について紹介します。



Sponsored Links







便秘が起こるメカニズム

食事で体内に入った食べ物は胃で消化され、小腸で栄養分が吸収されて残ったものが大腸で便となります。

小腸から大腸に移動したばかりの便は、水分を多く含んだ形のないものですが、これを大腸の蠕動運動で先へと運びながら、便の水分を吸収して適度な硬さにして直腸に送られます。

直腸に便がある程度の量が溜まると、脳にサインが送られ便意を感じ排出されるのです。

このような一連のメカニズムのどこかに、問題が生じると便秘が起こるのです。

便秘が長期間続くと、硬くなった便が出ないことでガスが腸内に溜まって、お腹が張ったり、腹痛が起こったりします。

硬くなった便は直腸付近の左下腹部から溜まっていきます。

症状が悪化すると吐き気をともなったり、時には命に関わることもあると言われています。



便秘-腹痛-左下腹部-出ない-吐き気-頭痛-原因-大腸画像.jpg



便秘になる原因

便秘になる原因は、便を運ぶ大腸の働きが悪くなっていたり、便が直腸まで届いたとしても、それを感じない時があるからです。

そうすると便がなかなか出ないで、左下腹部から便が停滞していき、便秘が起こり腹痛や吐き気などの原因になるのです。

大腸の左側に便が停滞すると、どんどん便の水分が吸収されて便が硬くなっていきます。

そのためさらに便が出ないという状態になりやすい。

このような悪循環によって便秘は起きていきます。

便秘は大腸がんなど大腸そのものに、問題があって引き起こされる場合もあります。

命にかかわる病気が隠れている場合もあるのです。

便秘を引き起こす原因で最も多いのが食生活の影響です。

そもそも便は食べ物からできます。

タンパク質や脂肪などは、ほとんどが消化・吸収されます。

ただし、食物繊維は便を作ることになりますし、便の量を増やしたりします。

また、食物繊維が大腸に刺激を与えて、排便を促す役割もあります。

便秘解消のためには、食物繊維を含んだ栄養バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。



腹筋低下が便秘を引き起こす!?

運動不足も便秘を引き起こす原因の1つです。

特に腹筋が弱くなると大腸の働きが鈍くなりやすい。

直腸にたまっている便を押し出す力も弱くなってしまうのです。

腹筋を鍛えるのは大変という方でも、日頃から適度な運動を習慣づけることは大切です。

私も便秘による左下腹部の腹痛が起こってから、時間が空いた時はウォーキングするようにしています。

女性の場合は、若い方でもお年寄りの方でも、便秘に悩まされている方は多いと思います。

ですが、男性も高齢者になってくると、筋力低下から便秘になる方が増えてくるのです。

腹筋が弱くなると息みができなくなって、便の排出が上手くできないことがあります。

または、大腸内で便を先へ運ぶための張のしぼり出しの力が弱くなっていることが原因です。

女性の場合は、女性ホルモンの変化が影響して、腸の働きを弱らせることも原因として考えられます。

さらには、脳と大腸は密接に関係していて、脳が感じたストレスが大腸にそのまま伝わってしまうために大腸の動きが乱れることがあります



便秘-腹痛-左下腹部-出ない-吐き気-頭痛-原因-画像.jpg



毎日出ないと便秘なのか?

便が毎日出ないと便秘と考える人が多いかもしれませんが、実は、この状態が便秘であるといった明確な基準はないのです。

たとえ3日に1回しか便が出ない状態でも、便が丁度良い硬さで十分な量が排出されていれば、問題ないと考えられています。

それとは反対に毎日お通じがあっても便がコロコロと硬い、量が少ない。

便を出すのが大変で不快感があるという状態では便秘が疑われます。

便秘によってあらわれる主な症状は、腹痛(特に左下腹部の痛み)、お腹の張り、食欲不振などです。

症状が悪化すると吐き気や頭痛を伴う場合もあります。

しかし、便秘の症状を自覚していても、医療機関で適切な治療を行っている方は多いとは言えません。

便秘の状態を放置すると、どんどん便が溜まってしまい腸がパンパンに張って、最終的には破裂してしまうこともあるので注意が必要です。

辛い便秘にお悩みの方は、医療機関で適切な治療を受けるようにしましょう。

 
便秘を予防するためには、腸内環境を整えることが大切です。

熱に強い7つの乳酸菌を厳選配合した、生きて腸まで届く乳酸菌サプリメントはこちらです。
1日わずか1粒中に乳酸菌が7種類、なんとヨーグルト34個分!【生命の乳酸菌】




便秘で腹痛が左下腹部に!出ないが続くと吐き気や頭痛の原因に!?



Sponsored Links







おすすめの記事



食後の腹痛!(下痢・吐き気・便秘・張る・ガス)黒い便がでる原因とは?

リーキーガット症候群とは?アトピーの原因?食事で腸に穴が開く!?

免疫力アップ!ヨーグルトの効果的な食べ方

炭酸水の効果は?(肌・洗顔・髪の毛・便秘・血圧・胃・頭皮)肉やご飯が炭酸水でふっくり柔かに変わる!?

ザクロ酢の作り方!効果・効能・飲み方などを紹介!ダイエット効果が期待できる飲むタイミングとは?





共通テーマ:健康
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...