So-net無料ブログ作成
 
 

動脈硬化による脳疾患と心疾患の症状!脳血管の老化で脳がしぼむ!? [脳梗塞・心臓病・動脈硬化・高血圧]

動脈硬化による脳疾患と心疾患の症状!脳血管の老化で脳がしぼむ!?


今回の記事では、血管の老化とも言える動脈硬化が起こることで、発症する脳と心臓の病気について紹介します。

どちらも命にかかわる重大な病気を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

また、脳血管の動脈硬化によって認知機能に影響を及ぼす場合もあります。



Sponsored Links







加齢による動脈硬化

20歳頃から血液中の含まれる脂肪分が血管壁の内部に沈着して、徐々に血管が厚くなっていきます。

40歳頃には、血管壁はさらに厚くなり、血液の流れが悪くなってきます。

60歳頃になると、さらに血管壁が厚くなることによって血流が悪化していきます。

厚くなった血管壁は弾力を失い脆くなっていきます。

このような状態が動脈硬化です。

血液の流れが悪くなると、血液中に含まれる酸素と栄養分を、全身の細胞に十分に運ぶことができず、臓器の働きが弱くなってしまいます。

血管の老化現象である動脈硬化は、私たちの体の中で日々進行し、誰にでも起こることです。

さらに、栄養の偏った食生活や運動不足などの悪い生活習慣が、加齢に関係なく動脈硬化をよりはやく進行させます。



Sponsored Links







<梗塞>

動脈硬化が進み血管が厚くなり狭くなった部分で、血液が固まり血管が詰まってしまいます。

この状態が「梗塞(こうそく)」と呼ばれている状態です。


<血栓>

血管内が傷付き、血管内に血液の塊ができる症状を「血栓(けっせん)」と呼びます。


<塞栓>

血管が細くなった部分に、他でできた血液の塊や脂肪が詰まってしまう場合を「塞栓(そくせん)」と呼びます。

この状態では、詰まった先の細胞に血液が届かなくなり、短時間のうちに細胞が機能しなくなります。


<出血>

動脈硬化によって弾力を失った血管の部分が、風船のように膨らんで、ついに破裂してしまいます。

これは「出血」と呼ばれる状態で、命にかかわる重大な病気を引き起こします。



動脈硬化-脳疾患-心疾患-症状-脳血管-老化-脳画像.jpg



動脈硬化と脳疾患

動脈硬化が脳で発生した場合は、脳卒中と呼ばれる致命的な疾患になります。

脳卒中は、脳の血管が詰まる場合と、血管が破裂して出血する場合があります。


<脳血管が詰まる場合>

血管が詰まる原因は、「脳血栓」と「脳塞栓」の2種類があります。

詰まった先の脳細胞がどんどんダメージを受けて、変性して脳細胞がドロドロになっていくことから脳軟化症と呼ばれています。

このような状態になると、視力低下、言語障害、手足のしびれ、めまいなどの症状を伴う場合あります。

病状が悪化すると、失語症や精神障害などを引き起こすこともあります。


<脳出血の場合>

脳出血は、脆くなった脳血管が破裂して出血が起こる疾患です。

溢れ出た血液が脳組織の機能を阻害すると、突然の頭痛や嘔吐が起こり、やがては意識を失い、昏睡状態に陥ります。

運動、知覚の麻痺や言語障害などの後遺症が残る恐れもあります。

脳卒中が恐ろしいのは、多くの場合が初期症状がほとんどなく突然発症するということです。



加齢に伴う脳機能の低下

加齢に伴い脳血管で動脈硬化が進行していくと、少しずつ脳がしぼんでいきます。

そのため脳機能の低下が起こり、次のような症状があらわれます。

●がんこになる。
●記憶力が低下する。
●他人のことを悪く考える。
●涙もろくなる。

症状がひどくなると知能低下が起こり、脳血管性認知症を引き起こす恐れがあります。



動脈硬化-脳疾患-心疾患-症状-脳血管-老化-心臓画像.jpg



動脈硬化と心疾患

心臓の動脈硬化が冠状動脈と呼ばれる血管に発生すると、命に関わる重大な病気を引き起こす恐れがあります。

冠状動脈は、心臓を動かす筋肉に、酸素と栄養を盛んに送り続けている重要な血管です。

冠状動脈の一部が動脈硬化によって75%ほどに狭くなると、狭心症を引き起こします。

このような状態になると、胸を締め付けられるような痛みと圧迫感が起こります。

さらに症状が悪化して、冠状動脈が90%以上詰まってしまうと、詰まった先の心臓の細胞にダメージを与えて機能しなくなり、突然、胸が締め付けられるような痛みが数時間続くようになります。

このような状態を心筋梗塞と言います。


動脈硬化が引き起こす脳疾患と心疾患は、命にかかわる重大な病気です。

また治療は一刻も早く行うことが大切です。

体の異常を感じたらすぐに医療機関で診断を受けるようにしましょう。

 
動脈硬化の原因として考えられるのは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪です。

血中の悪玉コレステロール値や中性脂肪値が気になる方には、こちらをお勧めします。
血中中性脂肪、1日1本続けて約20%低下!?ニッスイのトクホ、イマークS



動脈硬化による脳疾患と心疾患の症状!脳血管の老化で脳がしぼむ!?



Sponsored Links







おすすめの記事



血管年齢・肌年齢・骨年齢の測定方法とは?指先で血管年齢を検査!

背中のコリの原因は?(自律神経・内臓・左側・中央・肩甲骨・息苦しい・病気)胃と背中のコリの関係とは?

胸の痛み!(真ん中・左・右・女性・生理前・更年期)ストレスで胸がチクチク・ズキズキ痛い!原因となる病気とは?

食生活の改善で健康効果!食事の欧米化が及ぼす病気とは?

大麦効果がスゴイ!麦ごはん(押し麦)の栄養成分の効能とは?





共通テーマ:健康
 
 
健康プラス美容 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...